デスクトップのショートカットが突然消える

Windows7を使用しているユーザから、デスクトップに置いてあったショートカットが消えてしまうという相談をたまに受けます。なにっ!と探偵になった気分でいろいろ調べてみると。。。



???と思いながらいろいろ調べてみると、これ破損したショートカットが4つ以上あると発生するマイクロソフトのトラブルシューティング ツールの仕様だそうです。

Windows 7 でデスクトップ ショートカットが消える

 

回避方法は下記になります。

①コントロールパネルを開き、右上の表示方法から「カテゴリ」を選択してください。

②コンパネから「システムとセキュリティ」→「問題の発見と解決」をクリックします。

③左側のナビゲーションにある「設定の変更」をクリックします。

④「コンピューター保守」を「無効」に設定します。

 

このショートカットが消える現象は、ソフトウェアVPNやネットワークの状態が不安定な環境で起きることが多いという印象です。

勝手に消さないでよ、と思います。。。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*