PDFファイル(Acrobat Reader DC)が開かない時に試して欲しい

筆者の会社のPCには必ず入っている、ご存知PDFリーダー「Acrobat Reader DC」。で、最近多いのが、”突然PDFが開かなくなってしまう”という相談をよく受けます。これ、ストレス溜まりますよねー。



最近特に相談が多く、同じく困っている方がいれば参考にして欲しいです。
いろいろ試して改善されない方、下記方法を試してください。

①PDFファイルを全て閉じます。

②キーボート[Ctrl]+[Alt]+[Del]を押し、タスクマネージャーを起動。

③「プロセス」タブの一覧に「acrord32.exe」が残っているか確認します。

 

あくまでも対処療法になりますが、「プロセス」にある「acrord32.exe」のプロセスを「プロセスの終了」ボタンから全て終了させるとPDFが開くようになります

 

何らかの理由で今まで開いたPDFファイルを閉じた後もプロセスが残ってしまい、リソースが圧迫されPDFファイルが開かなくなってしまっている可能性があります。

 

頻繁に起動しない現象が起きる方は一度「Acrobat Reader DC」をAcrobatのクリーンツールでアンインストール後、最新の「Acrobat Reader DC」をインストールしてみて下さい。

 

「プロセス」に「acrord32.exe」が残らずPDFファイルが開かない場合、ファイルが壊れている等他の可能性を疑った方が良さそうです。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*