Kintoneとは

Kintone」というサイボウズのクラウドサービスをご紹介します。一応言っておきますが、別にサイボウズの関係者ではありません^^;悩み多い情報システムの方に参考になれば幸いです。


 

さて「Kintone」とは

個人的な意見としては、クラウド上のACCESSというのが一番手っ取り早い説明かなと思います。簡単な操作で入力フォームを作っていくと、同時にデータベースも出来ているというイメージです。これ、いろいろな所で作業していたエクセルの業務を簡単にクラウド上にまとめることが出来るんです。

まずは、お試しが出来るので触ってみてください。

試用申し込み メール送信 | サイボウズ製品サイト cybozu.com
 

「Kintone」の料金プランには

ライトプラン(月額:780円/1ユーザ)とスタンダードプラン(月額:1,500円/1ユーザ)の2つがあります。

料金を調べる料金を調べる | サイボウズのビジネスアプリ作成プラットフォーム「kintone」

この2つプラン大きく違う所は、スタンダードプランは「API」、「Javascript」、「プラグイン」が使えること。

「Kintone」に興味があってこれから利用したいと考えてる方へ

正直、ライトプランでは「kintone」の特徴であるカスタマイズ性がなくなり、また他システムとの連携が出来ずあまりおすすめしないです。恐れずにスタンダードプランを選び「javascript」を使ってみてください。たぶん、プログラムに触れたことのない方は、”ちょっとなぁ”と考えてしまうと思います。ですが、意外と簡単に、役に立つアプリを自分で作ることができます。ということで、次回から「javascript」等のスタンダードプランの機能で便利なアプリ作りを書いて行きたいと思います。

 

SNSでもご購読できます。

コメント

コメントを残す

*